銀座|Hair Lounge Ayung(ヘアラウンジ アユン)>頭皮>夏には特に注意が必要な頭皮が赤くなる6つの理由

夏には特に注意が必要な頭皮が赤くなる6つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
夏には特に注意が必要な頭皮が赤くなる6つの理由

皆さん、こんにちは。

銀座の美容室Hair Lounge Ayung
(ヘアラウンジ アユン)
です。


突然ですが、自分の頭皮の色を観察したことはありますか?

毎日、髪の毛をセットする度に頭皮は必ず目に入るので、気になっている人は多いはずです。


実は頭皮の色は頭皮の健康状態を知るための大切なバロメーターになっているのをご存知ですか?

美しく健康な髪を保つには頭皮が健康でなければなりませんが、そもそも頭皮が"健康"なのか"健康でない"のかを見分ける必要があります。

それを頭皮の色で判断するということです。

ご自身の頭皮の色から色々なことが分かるのです。


今回は、それぞれの頭皮の色に対して簡単に解説をして、そのあと頭皮が赤い状態にフォーカスをしてその原因と対策を方法を詳しくお伝えしていくことにします。

頭皮が赤いの、改善したいなあ。

と感じている方はぜひ読んでみて下さい!



まずは、健康な頭皮とトラブルのある頭皮を色別にご紹介していきます。


頭皮の色と健康状態

健康な頭皮の色

【 青白 】

透明感と潤い感がのある青みがかった青白。


トラブルのある頭皮の色

【 白色 】

乾燥している状態。


【 黄色 】

毛穴が皮脂でつまっている状態。

酸化した皮脂が変色して黄色に。


【 オレンジまたは茶色 】

血行不良。代謝が低下して老廃物が溜まっている状態。


【 ピンク色 】

炎症の一歩手前。アレルギーや乾燥が原因の場合も。


【 赤色 】

紫外線による炎症。

シャンプーやスタイリング剤などの成分が体にあっていない。

血行不良など最も深刻な状態。


頭皮の色については下の記事で詳しく説明をしているので、興味がある方は読んでみて下さい。


頭皮が赤くなってしまう原因

赤くなる原因は様々ですが6つの項目に分けて原因を探っていきます。


① 紫外線(UV)ダメージ

必要以上頭皮に紫外線を浴びた事によって赤くなってしまいます。

健康な頭皮は頭髪に守られ紫外線ダメージを受けづらい為、青白い色をしていますが、

紫外線を浴びすぎる事により、頭皮が日焼けして炎症を起こして赤くなります。


紫外線、UVに関する記事はコチラから


② 化粧品による炎症

普段使っているシャンプーや、トリートメント、スタイリング剤が原因になっているケースもあります。

シャンプーが肌に合わずに炎症を起こして赤くなっている状態。

トリートメントや、スタイリング剤が常に髪に残り炎症によって赤くなる。

市販で売られているシャンプーは比較的洗浄力が強く、敏感肌の人にとっては赤みの炎症の原因に。


オーガニックシャンプーのご紹介



③ 新陳代謝の乱れ

生活習慣の乱れで新陳代謝が悪くなり、血液循環が悪くなりうっ血状態になり、頭皮が赤みを帯びてみえます。

新陳代謝が低下すると毛穴に詰まった汚れを排出する効果もなくなる為、毛穴に汚れが詰まって、炎症をおこし頭皮が赤くなる原因に。


④ 血行不良

血流が悪く頭皮が固くなり、赤みが出ている状態。

指の腹で頭皮を動かした時にしっかりと頭皮が動くようであれば問題ないですが、動きが悪いと血行不良の恐れがあります。


⑤ 乾燥

洗浄力の強すぎるシャンプーを使うことで、必要な皮脂膜まで取り除いて頭皮は乾燥状態に。

爪をたてて洗ったり、一日に何度も洗うことも乾燥の原因になります。


⑥ 皮脂の過剰分泌

ホルモンバランスの崩れや自立神経の乱れにより皮脂分泌が過剰になりすぎて頭皮が赤くなります。

喫煙や脂っこい食事も原因。

洗いすぎると皮脂分泌が過剰になる場合もあります。


頭皮が赤くなってしまった時の症状別の対策

紫外線ダメージによる頭皮の赤み

いつも、同じ所で分けていると、集中的に紫外線を浴びてしまい、分け目が赤くなりやすい。

意識して分け目を変える事も大切です。

スプレータイプの日焼け止めを出かける前に一吹きするのも効果的です。


日焼けで赤くなってしまったら、まずは冷やす。

なるべく早めに冷やすことが大切です。

日焼けでヒリヒリする時はぬるめのお湯で優しくシャンプーする事。

シャンプー後の保湿も忘れずに!!


シャンプー後の保湿に頭皮用化粧水がオススメ

スキャルプトナー(ナシード)


化粧品が原因の炎症による頭皮の赤み

毎日寝る前にシャンプーして一日一日の汚れをしっかりリセットすること。

肌に合ったもので頭皮を傷付けない様、指の腹で洗う事。

トリートメントを必要以上につけすぎて、流し切れずに頭皮付近に残ったままにしていると、頭皮の赤みの原因に。

洗い流さないトリートメント(特にオイル)は髪に残りやすいので必要以上につけすぎない事。

スタイリング剤などは頭皮付近は避けて付けるのが良い。


新陳代謝の乱れによる頭皮の赤み

適度な運動や食生活を見直しましょう。

充分な睡眠を取る事も大切です。


血行不良による頭皮の赤み

お風呂の中でセルフ頭皮マッサージ。

自宅でやる場合はシャンプーの泡がついてる状態でマッサージすることで髪が引っ張られたりせず、

つれずにマッサージする事ができます。

トリートメントがついた状態でのマッサージは毛穴に油分がつまってしまう原因になるので、オススメしません。

マッサージは頭皮に触れる(ツボ押し)だけでも充分なの指の腹を使ってツボを押したり

頭皮を動かすように優しくマッサージしましょう。

湯船に使って温めながらやると、より効果的です。


乾燥肌が原因の頭皮の赤み

乾燥肌、敏感肌の人は洗浄力が優しいアミノ酸系のシャンプーやオーガニックなどがオススメです。洗いすぎで湿疹が出てしまうとかゆみを伴いますが掻いてしまうと、赤みが悪化するので掻かない事。シャンプー後は頭皮の化粧水などで充分に保湿しましょう。

皮脂の過剰分泌による頭皮の赤み

食生活の乱れを整える。
脂質、糖分を控える。
ビタミンBを積極的に摂取。
毎日のシャンプーで頭皮を清潔に保つ事。


上記でご紹介した対策を生活の中に取り入れてみても、頭皮が赤いのが長く続く場合は、皮膚科に相談した方がいいケースもあります。


頭皮の赤みをそのまま放置するとどうなる?

頭皮が赤いということは異常な状態です。これを放置すると炎症がおこり、かゆみやできものニキビなどができます。

放置すると最終的には、脱毛につながる事も・・・

頭皮が赤く炎症すると様々なことがおこります。


臭いが気になる

油のくさった様な独特な匂いがしてきます。

自分でわかりにくいのが特徴です。

シャンプーして2、3時間後に指で触れて匂いがする場合は要注意です。


フケの大量発生

指で触れたり何もしなくても洋服の肩部分や、まくらなどに大きなうろこ状のかさぶたが落ちる。

常にフケがでている場合は、なにかしらの炎症がおきています。


頭皮とフケの関係の記事はコチラから

ベタベタ

洗ってすぐに髪を乾かしてもぺったりしている状態。

乾かしても、頭頂部にボリュームがなく、常にしっとり濡れている状態のようになります。


ヒリヒリとした痛み

シャンプーしている時や、頭皮に触れただけで痛みを感じるようになります。

なるべく刺激を与えずに、指の腹で優しく洗いましょう。


かゆみ

洗っても洗ってもかゆい。

必要以上に温めてしまうと血行がよくなり、さらにかゆみが増してしまいます。

自然乾燥も良くありません。

濡れた状態で長時間いると、細菌が繁殖しやすくなり炎症を悪化させる原因になります。

ぬるま湯でシャンプーし、シャンプー後はなるべく早めに低温の風で乾かすのがオススメです。


湿疹・にきび・できもの

触るとぷくっとしたできものや、痛みを伴うものまで様々あります。


抜け毛

髪にボリュームがなくなったり、頭皮が透けてみえてきます。



上記の症状が出た場合は頭皮に炎症がおきている証拠なので、熱めのシャワーや高温のドライヤーもなるべく避けましょう。

そして早めに皮膚科などの専門医に受診することをオススメします。


頭皮湿疹の種類


頭皮湿疹は大きく分けて4種類あります。


接触性皮膚炎

金属や肌に合わない布が接触して、かぶれるタイプの湿疹です。

アレルギーがあるものや成分に触れて赤くなる場合もあります。

肌が弱い方がなりやすく


脂漏性皮膚炎

脂漏部位と呼ばれる皮脂分泌が多い部位に発生しやすい皮膚炎。

フケが多くなり症状がひどくなると痒みを伴います。

皮脂バランスが崩れる事で起こる事が多い。


皮脂欠乏性皮膚炎

加齢や洗いすぎなどで皮脂が極端に減ってしまうことで起こる皮膚炎。

乾燥して外的刺激を受けやすくなり湿疹になります。

強いかゆみを伴うのが特徴で皮膚がカサカサになります。


アトピー性皮膚炎

人によって症状が様々で原因が特定しづらい皮膚炎。

症状も時々で良くなったり悪くなったりを繰り返します。

アトピー性皮膚炎の場合、頭皮以外にも症状が現れてる事が多く見られます。


頭皮が赤いのは、トラブルを起こした頭皮の色の中で最も深刻な症状です。

頭皮の赤みに気付いたら、一刻も早いケアが必要となります。

正しいケアの知識を身に付けて、健康な頭皮を取り戻しましょう!!


頭皮が赤いのは、トラブルを起こした頭皮の色の中で最も深刻です。

頭皮の赤みに気付いたら一刻も早いケアが必要です正しいケアで健康な頭皮を取り戻しましょう!!


清水 有実子

清水 有実子

Written by:

スタイリング無しで決まるような、ナチュラルなカットが得意です!

家でも簡単にスタイリングできる再現性の高いカットや、毛流れ・癖を活かしたパーマスタイルもお任せ下さい☆

ファッションやライフスタイルも考えたスタイルの提案をさせていただきます。

お客様の魅力を今よりもっと引き出せたらいいなと思います。

指名して予約する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

清水 有実子は、こんな記事も書いています。

  • 女性の抜け毛の悩み・・美容師が教える原因と対策とは!?

    女性の抜け毛の悩み・・美容師が教える原因と対策とは!?

  • 夏には特に注意が必要な頭皮が赤くなる6つの理由

    夏には特に注意が必要な頭皮が赤くなる6つの理由

  • 【 Before&After 】フラットボブ

    【 Before&After 】フラットボブ

  • お客様の6割以上がオーダーする人気のヘッドスパとは?

    お客様の6割以上がオーダーする人気のヘッドスパとは?

  • ヘッドスパで小顔になれる!!20代から始める小顔ケア

    ヘッドスパで小顔になれる!!20代から始める小顔ケア

  • 【 Before&After 】王道ボブ!!

    【 Before&After 】王道ボブ!!

新着ヘアスタイル

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス